FC2ブログ


おはようございます。

漢気とは無縁な男、カールトンです。


今日は昨日紹介した道具を使って菌糸詰めをした様子を書こうと思います。

とはいっても、実際に詰めたのは土曜日夜なんですけどね (#・pq・)グフフ♪


手を抜いたやり方をしたので青カビだらけになったら結果だけを書いて、マトモなやり方でやり直すつもるでした。

さて、それでは写真はあまりないのですが紹介していきましょう。


まずは、道具の水洗いから始めました。

私は何となく洗剤をつけなかったのですがつけてもいいのかな?

とりあえず無難につけませんでした。

キッチンペーパーで水気を拭き取った後、消毒用のエタノール散布。

その後、同様に拭き取ります。

水気の拭き取りを怠るとカビが生えそうですし、エタノールが残っていると菌糸の再生を妨げそうです。


下準備が済んだところで菌糸ブロック登場。




これを通常ですと、袋から出して周りの白い部分を取ってから砕くという作業をするのですが、ガサツな私は袋の上から踏み踏みしてやりました Y(#`Д´)Yワッショーイ!!

一気に踏むと袋が破れるため、蹴り崩すのではなくゆっくりと体重をかけて踏み崩す感じです。

すると1分程度でこんな感じになります。




勿論外皮の白い部分は混ざった状態です。

この部分は外気に触れていた部分のため雑菌が付いているので菌糸の再生を妨げるそうです。

それならと用意したのがこちら。




籠とコンテナ~!( ̄∇+ ̄)vキラーン


これを合わせると・・・



下に隙間が出来つつ良い感じにピッタリ重なります。

ここに砕いた菌糸をいれて篩にかけていくと、外皮は大きいので残るという画期的プランです (*´∀`*)アハハ

さてやってみましょう♪ ( ・ω・)っ≡つ バババ



籠には外皮が残り




下には細かくなった菌糸が落ちました。

細かい外皮は一緒に落ちましたが気にしない~ (*´σv`)ホジホジ


これの利点は、ナイフなどで剥がした場合と異なり、外皮と一緒に捨てる菌糸を少なくできることもあります。


後は少量ボトルに入れて→プレスの繰り返し。

この作業がけっこうキツくて写真を撮る余裕もなかったです ゥゥ。・(つд`。)・。

肩口まで詰めたら親指で縁を更にプレス。

中心に空気を入れる穴をあけて終了。







最後の方は少しゆるめになったのか、2ブロックで800を8本、1400を1本詰めれました。




時間を見ると23時。

掃除をして完了しましたが、準備と後始末に時間がかかるため一気に4ブロック位詰めた方が効率良さそうです。

そんな初詰めでした。



それから3日。

菌糸の様子はどうなっているかというと・・・




結構上手くまわっているような感じですね (≧∀≦)V ブイ!



初詰め記念ポチッお願いします~!

にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト