FC2ブログ


こんばんは。

簡易温室がとうとう完成しました。

まず全体像ですかね。




サイズで言いますと990×910×500(mm)です。

ラックには800の菌糸瓶が60本くらい入ります。

棚を一枚増やせば80本ですね。


使用したスタイロフォームは2枚。

厚みは40mmを使用しました。


本当は木枠を作ろうかとも思いましたが、「面倒になった」ことと「重くなる」という理由からスタイロフォームのみでの作成です。


途中経過等を撮影してあったのですが、先日の初期化に伴う「バックアップ忘れ」により消滅してしまいました ゥゥ。・(つд`。)・。


とりあえずスタイロフォームで温室もどきを作ろうとしている方が見ている可能性を考えちょっとしたことですが文章で残していこうと思います。


1、スタイロフォームのみで箱を作るなら材料をジックリ見よう。

これは何故かというと、スタイロフォーム自体が非常に脆い材料なので「欠け」や「反り」があるものも珍しくありません。

元々が壁などの内側に断熱材として入れるものなので、少々の傷や反りは問題にならないんでしょうね。

しかしスタイロフォームのみで作成する場合は欠けていると接合不良につながり、反っているとたわんで隙間ができてしまいます。

因みに私は吟味して綺麗な物を持ち帰ったのですが、家の中で立て掛けておいた同商品が倒れて少し欠けてしまいました (´Д`|||) ドヨーン


2、接着材は何を選ぶ?

これは結構悩みましたよ。

結局選んだ物は「シリコンシーラント」です(画像は拾い物です)




これを使うと強力に接着出来ますが、固まるまでに時間がかかるので仮止めする必要があります。

ぶっちゃけ何時間も支える事なんてできませんからね(笑)

そこで使用したのがご家庭のキッチンにある「爪楊枝」です。

私はシリコンを伸ばして形を決めたら、爪楊枝を一気にさしこみました。

その爪楊枝は接着されたら取り除いても良いですし残しておいても問題にはなりません。私はとらなかったです。

注意してほしいのは換気です。

寒いので密閉しがちですが、強烈に臭いので体に悪そうです。

一応補足しますが、完全に乾けば臭いもほとんど消えます。


木工用ボンドでも付きそうですがスタイロフォームは染み込まないためか、調べた感じだと中心が固まらないそうです。


3、中に入れるラックのサイズを考えて作る

これは大事です。

軽い気持ちでスタイロフォームを2枚に抑える事に重点を置いたため、良い感じのラックが中々見つかりませんでした (;^_^A アセアセ・・・


上記の三点が気づいた注意事項ですかね。

眠くなってきたので、続きは次回・・・。

それでは マタネーヾ(´∀`○人●´∀`)


良ければポチッとバナーのクリックお願いします。

にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ